心理、カウンセリング、セミナー、神戸、大阪、天命、自己肯定、ビジネス、人間関係、自己改革、パートナーシップ、潜在意識書き換え、Person's link(パーソンズリンク)

   

アファメーションセミナー

現実を変えてしまう
 
 アファメーションテクノロジーセミナー
 

 
これまで約10年の歳月をかけ、
様々なクライアントをサポートしながら開発した
独自のアファメーションメソッド、
 
 アファメーションテクノロジー
 
を一般公開します。
 
 

■ 現実を変えたいなら○○を変えること

 
 
幸せになりたいなら、
豊かになりたいなら、
仕事で成果を上げたいなら、
パートナーと出会いたいなら、


一番大事なのは、
 
「セルフイメージを変えていくこと」
 
です。
 
セルフイメージとは、
 
 自分が自分のことをどう思っているのか?
 
というもので、
 
 現実は自分が持っているセルフイメージの通りに見える
 
からです。
 
 
「自分はダメ」と思っていたら、現実はそのように見えます。
「自分はイケてる」と思っていたら、現実はそのように見えます。
 
 
自分の現実を変えるには、
自分を(素敵に)変えるのではなく、
 
 自分のセルフイメージを変えること
 
がポイントです。
 
 
ダメな自分を直すのではなく、
ダメと思っている自分の見方を変える。
 
イケてるようにするのではなく、
イケてないと思っている自分の見方を変える。
 
そこからがすべての始まりです。
 
 
さらにいうと、
仏教の世界では、現実に影響を与える三つの業(ごう)として、
身口意(しんくい)というものがあります。
 
 身業:行動
 口業:口癖
 意業:考え方
 
この三つで、
この三つを揃えると、
それが現実になっていきます。
 
 
「自分はイケてる」というセルフイメージを持ったら(意業)
それに合わせた言葉(口業)と、
それに合わせた行動(行動)をする。
 
そうすると、
見えてくる現実はそのようになります。
 
 

■ セルフイメージはなかなか変わらない・・・、その理由とは・・・

 
・・・が、
 
 セルフイメージはなかなか変わりづらい
 
というのが現実です(^_^;)
 
なぜなら、
 
「自分はイケていない」というたくさんの過去の記憶があるから
 
です。
 
だから、「私を素晴らしいということにする」と唱えたとしても、
頭の中で瞬時に、
 
「そうはいっても・・・」
 
という声が聞こえてくるんです。
 
 
そんな過去の記憶は、
「イケていない」ということのとても説得力の高いものたちで、
多くの人が
セルフイメージを変えようとしてもなかなか変えることができないのは、
その
 
 過去の記憶
 
が邪魔をしているからです。
 
 

■ 変えづらいセルフイメージを変えるのに効果的なことが○○

 
そんな
 
 なかなか変えづらいセルフイメージ
 
ですが、
セルフイメージを変えて、素敵な現実を創っていくには、
 
 口癖を変える
 
ところから取り組むことが一番効果的です。
 
 
そして、口癖からセルフイメージを変えていくには、
 
 アファメーション
 
がとても有効です。
 
アファメーションとは、
自己説得の技術で、
よく、
 
 望む未来を過去完了形にして唱える
 
ということが言われます。
 
が、それではなかなか変わらないんです(^_^;)
 
 
 

■ アファメーションがなかなかうまくいかない理由

 
 
身口意の口業を変えて、
セルフイメージを変えていく一つのスキルとして
 
 アファメーション
 
というものがありますが、
多くの人はアファメーションを実行しても
なかなか現実が変わりません。


なぜなら
先ほどセルフイメージのところでもお伝えしましたが、
 
 アファメーションを唱えた瞬間に過去の記憶と感情が立ち上がるから
 
です。
 
僕たちの脳は、
僕たちが話す言葉に即座に反応し、
自動的に、無意識的にいろんな動きをしています。
 
そして、脳は
 
 否定形が理解できない
 
ため、
肯定的な言葉を唱えても、
脳の中にある
 
 その反対の否定的な過去の記憶
 
を自動再生します。
 
例えば、
 
 私は豊かです
 
と唱えた瞬間、
脳の中では、
豊かな記憶と同時に、
豊かではない記憶も立ち上がる・・・。
 
脳にとってはどちらも同じだから(^_^;)
 
そんなメカニズムもあるため、
アファメーションを唱えても、なかなかうまくいかないんです。
 
 
 

■ 正しい方法と正しいやり方をすればアファメーションは最強のメソッドになる

 
・・・ですが、
僕がやっている
 
 自分らしい人生の実現をサポートする人材養成講座
 
では、
僕が作ったアファメーションに取り組んでもらって
様々な変化をしてもらいますし、
僕の個人セッションでは最後にアファメーションをつくって
それに取り組んでもらう人もいます。
 
正しい方法と正しいやり方をすれば、
アファメーションはとても有効な、最強の手段になります。
 
しかも、
 
 家で自分でできる
 
ものになります。
 
 
 

■ 約10年前からアファメーションを取り入れてきた

 
僕が約10年前からやっていた3ヶ月以上の長期の講座では、
アファメーションを軸に取り組んできました。
 
これまで作ったアファメーションは数知れず。
 
最初は一般的に本で語られているやり方を実行してきました。
 
が、それでは全然うまくいかない・・・
 
それどころか、
講座生の多くが苦しみだすんです(^_^;)
 
当時はなぜだかわかりませんでした。
 
本を読んでもその答えはなかったですから。
 
そして、
自分で様々な対処法を考え、
試行錯誤をしながら、
 
 望むセルフイメージを浸透させるアファメーションは何か?
 
というものを研究しました。
 
で、それをメソッドとし、
今では養成講座の中でもそのメソッドを学んでもらっています。
 
 
そのメソッドを久しぶりに一般公開しようと思います。
 
 
 

■ 現実を変えてしまう「アファメーションテクノロジー」セミナー

 
アファメーションにはやるべきことがあります。
 
最も大事なのは、
 
 結果ではなくセルフイメージを変化させること
 
です。
 
そして、そのために重要なのは、
 
 ・過去の記憶
 ・感情
 
の扱い方です。
 
その部分をケアしないと、
アファメーションは効果を発揮しません。
 
「アファメーションテクノロジー」では、
 
 変化を妨げる感情をクリアし、過去の記憶を無効化する
 
ことで、
セルフイメージに変化を与え、結果的に現実します。
 
 
また、幸せになるために、豊かになるために知っておくべき
 
 人生を変えるとはどういうことか?
 
といったこともお伝えします。
 
ほとんどの人は自分の人生観がずれているために、
変わらないことを変える努力をしていることが多いです。
 
変わらないことを変えるのは無駄な努力でしかありません。
 
そういった根本的なところから学び、
人生を変える技術を吸収していくと、
人生が変わる変化は驚くほど速くなっていきます。
 
 
【アファメーションテクノロジーセミナーでやること】
・人生の仕組み
・人生のシナリオと人生の意味とは・・・
・私たちの人生で起こっていることの大元を知る
・「人生を変える」というのはどういうことか?
・現実を変えるためのポイントとなる考え方とは?
・願望実現とはどういうことか?
・言葉を唱えたときに脳の中で起こっていること・・・
・アファメーションがうまくいかない理由
・現実を変えるアファメーションテクノロジーとは・・・
・現実の変化を妨げる「過去の記憶」と「感情」を無効化する方法
・アファメーション作成実習
・効果的なアファメーションの唱え方
・変化のプロセスとは・・・
・変化するために必要なこと
 
 

■オリジナルアファメーション作成サービス

 
この動画でワークに取り組んでいただいた方で、
オプションとして、
 
「オリジナルアファメーション作成サービス」
 
にお申込みいただいた方は、
 
・30分の電話(LINE、スカイプ、メッセンジャーなど)セッション
・オリジナルアファメーション作成
・実現のためのポイントをアドバイス
 
をさせていただきます。
 
 

■ 「アファメーションテクノロジー」セミナー詳細

 
【代金】
 一般の方 50,000円(税込)
 パーソンズリンク会員の方 40,000円(税込)
 
 オプションコース
 オリジナルアファメーション作成 +30,000円(税込)
 
カード払いできます!
参加費のお支払いにはカード払いも対応しています。
 
※お申し込みと同時にパーソンズリンク会員に入会されますと、参加費はパーソンズリンク会員価格となります。
パーソンズリンク会員年会費(12,000円)とあわせてお振込みください。
パーソンズリンク会員詳細についてはこちら
 
 
【動画視聴方法】
ご入金確認後、
メールにて動画のURLとパスワードをお送りします。
 
 
 

■ お申し込み

次のお申し込みフォームボタンをクリックし、必要事項をご記入いただき、お申し込みください。
すぐにご記入のメールアドレス宛に自動返信メールが届きますので、メールに記載している指示に従ってください。
 
※30分経ってもメールが届かない場合は、お手数をおかけしますが、Person's linkまでメールをお送りください。
メールアドレス office@personslink.com